三日目の楽しみ

といっても昨日のカレーの話ではない。
山田家(実家)では一月三日以降じゃないと出てこない正月料理がある。
それを目当てにワシは新年の挨拶を三日以降にしているほどの逸品。
それは、我が親父様が大晦日からじっくり時間をかけてつくる御汁粉。
決まったレシピがあるわけではないようなので、毎年毎年少しずつ
味が違うのだが、その手間のかけようといったら半端じゃない。
小豆を笊に広げ虫が食ったような形の悪いものを取り除く選別に始まり
型崩れしないよう丹念に茹で、そして裏ごし。その後は灰汁を取りながら
二昼夜煮込む。こうして出来上がった漉し餡は本当に鮮やかな葡萄色。
これに我が家では焼いた餅を入れて食べるのである。
何故大晦日から作り出し、三日にならないと出てこないのかは謎なのだが
このお汁粉が正月料理のシメみたいな気分になるので丁度良い。
今年のは特に美味かった。いつかこの味を伝授してもらわねば。
[PR]

# by smile1969 | 2008-01-03 22:00

おせちに飽きた…

という理由ではなく、今宵はカレー。しかも二日目の。
「正月は年神様を迎えるため、台所での煮炊きは控えるもの」
といった儀礼的なものでもない。
ただなんとなく毎年正月になるとカレーが食いたくなるので
特に今年は大量に作ってみた。
思った以上にウマく出来たので満足満足。

と、ここで何故正月になるとカレーが食いたくなるのか考えてみた。

正月といえばおせち。自宅で用意したり、招かれた先で頂く。
そうして三が日は殆おせちだけで過ごすことになるから
そりゃまぁ飽きもするだろう。だったらラーメンやカツ丼でもいい。
問題はおせちではなく、正月だからと無駄に増える酒量。
そのアルコールで悲鳴をあげている肝臓が、カレーに含まれている
ウコンを求めるのではないかと。なーんてね。

…だったらウコン飲みゃいいじゃん。

いや、だっておせちだけじゃ飽きるじゃん?

…どっちだよ?

まあまあ。ほら金色に輝いたカレーが、まるで金団みたいぢゃないか。



ああ、平和だ。ぷへー。
[PR]

# by smile1969 | 2008-01-02 22:00

あけましておめでとうございます。

というわけで、いきなりですがブログというカタチにさせて頂きました。
アップロードの手間とか考えたら、これが一番楽かなと思いまして…。

そんな感じで、本年も宜しくお願いします。


あんそに。
[PR]

# by smile1969 | 2008-01-01 00:00